口周りと眉間の大人ニキビの対策は天然素材とランニング

ニキビと言えば、思春期の頃のものと思っていましたが、30歳を超えてから、またニキビができるようになりました。

大人ニキビができる場所はいつも同じで、口周りと眉間です。

口周りのは白い膿を持つだけのニキビですが、眉間のは赤く腫れ、熱も持つタイプのニキビです。

どちらのニキビも目立つので、できてしまうと気分がひどく落ち込みます。

辛さで言えば、眉間のは赤く腫れ、熱も持つタイプのニキビが勝るのですが、どちらのニキビも一度できると、完全に治るまでに、数週間を要します。

大人ニキビの治りを悪くすると分かっているのに、メイクで隠そうとしてしまったりするので、悪循環が止まりません。

眉間のニキビは、疲れやストレス、メイク落としが雑になっていた時に、できるような気がしています。

また、口周りのニキビは、眉間にできるのと同様に、疲れやストレスもありますが、食生活が雑になった時に、よくできるような気がしています。

メイク落としの仕方や食生活は改善のしようがあるとは思うのですが、疲れやストレスは仕事をして働いている以上、どうしようもありません。

もちろん、大人ニキビに悩んでいるだけで、何も対策をとっていないかというと、そうではありません。

メイク落としを含め、メイクに関連するものは、全て天然素材のものに変えました。

食事もできるだけ自炊をするようにし、自炊する時はいつも和食にするようにしています。

それだけでなく、ニキビ予防には代謝を上げることも大切だと聞いたので、ランニングを始めました。

代謝を上げることが目的で始めたランニングなのですが、ストレス発散にもつながっているようです。

こういうふうに注意にしても、ニキビはできる時はできてしまいます。

ただ頻度が格段に減ったようです。

大人になってニキビに悩まされるようになるとは、思いもしませんでした。

前向きな気持ちを維持するためにも、これからも大人ニキビ対策を続けていかなければと思っています。

(大阪府 金木犀さん)

ニキビの薬のダラシンTゲルが市販で買えます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です