ニキビ予防によい洗顔方法

ニキビを予防するには肌を清潔にすることが大切です。
汚れや雑菌が付着していると毛穴つまりを起こし、ニキビができやすくなります。
清潔にするためには洗顔が必要ですが、洗顔方法に注意があります。
洗顔料はたっぷりと泡立てます。
泡立ちが悪いと洗顔時に手が顔に触れて摩擦が生まれます。
摩擦で肌が傷つきバリア機能が壊れてニキビができやすくなるので、しっかり泡を立てましょう。
泡がたくさんできても、すぐにへたるようではダメです。
すすぐまで弾力のある泡が理想です。
もっちりした泡ならクッションになって摩擦を防いでくれます。
たくさん泡が立って弾力もある洗顔料が「つかってみんしゃいよか石けん」です。
私はこの洗顔料を使っていて、いまのところニキビはできていません。
もこもこと手のひら一杯に泡ができて面白いです。
夜だけ洗顔料を使って洗顔しています。
過剰な洗顔は皮脂を取りすぎて、かえって皮脂分泌を増やしてしまうからです。
つかってみんしゃいよか石けんは、保湿成分が入っているから洗顔後の肌のツッパリ感がありません。
潤いが残っていることもニキビ予防には大切です。
汚れをしっかり吸着しつつも潤いは残してくれる洗顔料です。
毎日きちんと洗顔して清潔に保つとニキビができにくくなりますよ。

(千葉 SJさん)

グリスリン通販




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です