ニキビ予防によい洗顔方法

ニキビを予防するには肌を清潔にすることが大切です。
汚れや雑菌が付着していると毛穴つまりを起こし、ニキビができやすくなります。
清潔にするためには洗顔が必要ですが、洗顔方法に注意があります。
洗顔料はたっぷりと泡立てます。
泡立ちが悪いと洗顔時に手が顔に触れて摩擦が生まれます。
摩擦で肌が傷つきバリア機能が壊れてニキビができやすくなるので、しっかり泡を立てましょう。
泡がたくさんできても、すぐにへたるようではダメです。
すすぐまで弾力のある泡が理想です。
もっちりした泡ならクッションになって摩擦を防いでくれます。
たくさん泡が立って弾力もある洗顔料が「つかってみんしゃいよか石けん」です。
私はこの洗顔料を使っていて、いまのところニキビはできていません。
もこもこと手のひら一杯に泡ができて面白いです。
夜だけ洗顔料を使って洗顔しています。
過剰な洗顔は皮脂を取りすぎて、かえって皮脂分泌を増やしてしまうからです。
つかってみんしゃいよか石けんは、保湿成分が入っているから洗顔後の肌のツッパリ感がありません。
潤いが残っていることもニキビ予防には大切です。
汚れをしっかり吸着しつつも潤いは残してくれる洗顔料です。
毎日きちんと洗顔して清潔に保つとニキビができにくくなりますよ。

(千葉 SJさん)

グリスリン通販




ニキビの洗顔は慌てちゃダメ!「ゆったりと優しく」が基本!

「イライラしているときに限って、ニキビって出てくるのよね…(-“”-)」

お化粧前に鏡の前に座ると、ついついそんな一言がでちゃいますよね? 確かにストレスやイライラが原因で間違いではないけれど、よくよく考えるとスキンケアがしっかりできてなかったり、何よりクレンジングや洗顔もイライラしている分、雑で手抜きになっていることがあります。

疲れているときやイライラしているときは洗顔すること自体を面倒に感じてしまうので、ついゴシゴシ擦ってしまうんですよね。

私もしっかり汚れになじんでいないのにゴシゴシ擦って、洗った気になっていましたが、これこそ大きな間違いなんですね。

こんな洗い方をしてしまうと摩擦で肌が傷ついて、肌を守るための油分の膜までも擦り落してしまうので洗顔後の乾燥してしまうし、何より汚れが落ち切っていないので毛穴に汚れが残ったままで炎症してしまいます。

つまり、これがまた新たなニキビの原因になるんですね。

私の場合、クレンジングと洗顔はオールインワンは使いません。

クレンジングジェルでメイクや汚れをしっかり浮かせてから、洗顔石鹸で洗い流します。

洗顔するときは「慌てない、焦らない、擦らない」の3つをしっかり守っています。

そのためには、洗顔料をしっかり泡立てることを心がけています。

このモコモコの泡こそが、ニキビ予防になっていると思います。

なぜなら、モコモコの泡がクッションの働きになるので肌をゴシゴシ擦ることがありませんし、肌表面の皮脂膜もしっかり守るため、洗顔後にしっかり潤いをカバーするので乾燥することがありません。

それから、洗い流すときは肌温度のお湯で肌表面にお湯を滑らせるようにします。

この時も、イライラ焦って擦らないことです。

そして、しっかり洗い流した後も、顔を拭くときはタオルでポンポン優しく叩くように拭き取ります。

慌てて擦ってはダメですよ!洗顔の後は、時間を置かずに、すぐスキンケアをします。

こうしてみると、肌にいかに負担を掛けずに洗顔するか、つまりは「いかに肌を擦らずにしっかり洗うのか」がニキビ予防の洗顔方法だと私の経験から感じています。

もちろん、私自身、体調やストレスによってニキビが出てしまいますが、この洗顔法を徹底するようになってから体調が回復すればすぐにニキビも消えます。

肌トラブルが原因でのニキビはほとんどありません。

「ゆったりとした気持ちで優しく」がモコモコ泡で洗うのが、ニキビ予防の洗顔の基本だと思います。

クラビット